Home / Uncategorized / ホーチミン市の日本人街

ホーチミン市の日本人街

この数年、ホーチミン市を訪れる日本人観光客は増加しており、在住者も数千人に上ります。サイゴンの騒がしい雰囲気と違い、「日本人町」に足を運んだらなんと なく落ち着く雰囲気が感じます。

1区Hai Ba Trung通り、Thai Van Lung通りなどには日本料理店も多く、特にLe Thanh Ton通りからThi Sach通りにかけては“日本人街”と呼ばれるほど日本人向きお店が集中しています。サイゴンの騒がしい雰囲気と違い、「日本人町」に足を運んだらなんと なく落ち着く雰囲気が感じます。市の中心 Le Thanh Ton(レ・タントン)通りの1~20番地には日本人が約300人以上住み日本食材店が2軒と、日本レストランが10軒、バーなどが数件あり、大変便利で す。その他にも韓国レストラン、インド料理、タイ料理、勿論ベトナム料理や中華など、毎日が、安くて美味しいアジアの味めぐりの暮らしです。現在のホーチ ミン市内の日本料理店は、どらえもん、おしん、西村、一夕、勘八、おはん、みやび邸、赤とんぼ、だるま、秀、はぎ、あうん、Kカフェ、はる、寿司バー、ひ さご、花ゆき、膳、ととや、やまだや、紀州、はす、げんこつ亭、蔵、博多、風月堂、和さび、なごみ、その他、約30店が主なところです。寿司、ラーメン、 お好み焼き、日本酒など豊富な日本料理が楽しめ、日本の書籍を閲覧できる施設や日本語対応のインターネットカフェもあります。

 

いいね!

コメントを残す